So-net無料ブログ作成

保険交渉ようやく完了 その1 事故概要 [事故2018]

最終的な賠償額が振り込まれて、保険会社とのやりとりも終わったので、blog更新します。
以前から書いているように、8月下旬に自転車で信号機のある交差点で自動車との事故。

◆事故概要
場所は、R412の半原隧道の北側の信号機名のない交差点。中津川の馬渡のあたりからR412に登ったあたり。消防団倉庫の急坂を抜けたあたり、と言えば分かる人も多いかな。

◆状況
信号待ちから、青信号に変わったと共に前のクルマが発進。私も続いてR412を渡るため直進方向に発進。
そして、道路を3/4ほど渡ったところで右前方から来た右折車に横から衝突される。
いわゆる、右直事故。私が直進側、相手方が右折側。

◆身体ダメージ
・右足首三角靭帯損傷
・左肘擦過傷
・左胸強打による肋軟骨のヒビ?
幸いにも頭は打たず、脳震盪やムチウチ等の症状は無し(レントゲンは撮った)。

◆自転車の状況
・自転車は、前後ホイールが破損して復旧は不可能。フレームは不明だけど、使うつもりなら要検査との事。
・フレームの詳細は不明だがお世話になっている自転車屋の店長は、検査をしない限りは乗せられないと(何かあった時に自転車屋として責任が問われるので当然)。

◆損害賠償(自転車の分は別途書きます)
・着衣類。ジャージ、レーパン、インナー、ヘルメットなどの損傷→購入時期に関わらず購入価格の80%(80%という数字の根拠は不明)との事
・事故で参加できなくなった、ツール・ド・東北2018の エントリー費、キャンセルの間に合わなかった宿泊費→全額受領
・その他、治療費、慰謝料など

◆責任割合
私は右直事故の直進側なので、事故の責任のほとんどがクルマ側と思っていて、どんなに悪くても8:2と、うまく一押しできれば10:0もあり得ると思っていたが・・・
以前にも書いた通り、突然責任割合6:4(4が私側)と言われた。考えられない数値。

この6:4の根拠は、自動車側が「双方の黄色信号進入」を主張した為との事。

双方だったら責任割合変わらないのでは?と思ったけれど、信号が変わるタイミングでの直進は危険なため、クルマ対クルマの場合で、判例では5:5との事。(この時点では保険会社から説明はなかったので自分で調べた。保険会社は何の説明をする気もないのか?)。

不思議なのは、保険会社担当に「私は間違いなく青信号で入りました」と伝えたら、返答が「では、双方青信号進入を主張ですか?」と。私は青で入ったけれど、相手方が何色で入ったかなんて知らない。確かに両方の信号が同時に変わり、私の自転車とクルマが同時に発進してくるので、タイミング的には近くなるが。それを根拠に「双方黄色進入」にしているとすれば疑問。クルマと自転車の速度差は理解しているのか?いつもそのような判断をしているのなら、何の信頼性もない発言と保険会社としての無責任さを感じる。このあたりから保険会社の対応の悪さに辟易しはじめる。
説明はしてもらえないけれど、君らの言い分は分かった。もちろん「黄色信号進入」は、ありえないので、受け入れる気はない。

(続く)
◆関連記事
保険交渉ようやく完了 序
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ともちん

ウェアとヘルメットが購入金額の80%は私に比べると良い値付けです。
私の場合ここでも購入時期と金額を聞かれ、減価償却されたのでした。
新品購入は無理としても、中古で入手できないものはそれなりに負担すべきですよね。
ヘルメットなんか絶対に再使用できないんだから、そういう所はきちんと見て欲しいです。
by ともちん (2019-03-21 22:25) 

Brio

以前の事故の時は1年で17%減損でした。今回は電話で「80%」とだけ聞いていて「年間20%減損?」と思っていたら、購入からの期間が無関係だったので、結構ビックリ。購入後1ヶ月2回目の着用で穴の空いたコンプレッションインナーもあったけど。。
あ、もちろん責任割合の10%は別途引かれます。
ヘルメットは、必需品で使用していなければ人身傷害費用が跳ね上がる物なので、保険会社側の自衛的にもヘルメットは別扱いにして欲しいですね。

by Brio (2019-03-22 10:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。